野良猫の寿命が飼い猫に比べてとても短いです。その差は約5倍で、15年ほど生きる飼い猫に対し野良猫は3,4年ほどしか生きられません。野良猫を取り巻いている環境は、その短い寿命が表しているようにとても過酷なものでした。 飼い主のいない野良猫。近所の路地裏や車の下でひっそりとくつろぐ姿をよく目にしますが、あの猫たちはみんなどうやって生活しており、エサや水はどう確保しているのでしょう?野良猫の生態に迫りま … 外にいる猫たちは屋根の上でひなたぼっこをしたり、公園で会合をひらいたり、のんびりと自由に過ごしているように見えます。しかし、私たちが想像する以上に野良の世界は非常に過酷だそうです。今回は、そんな野生の猫の生活をご紹介します。 野良猫の子猫を保護したら. 生まれたての子猫を拾った時の対処法について解説します。母猫のいない生まれたての子猫を保護したら、どのように助けることができるでしょう? 生まれたての猫の赤ちゃんの体温管理、ミルクのやり方や排泄の世話など、育て方のポイントを覚えて、もしもの時に役立てて下さい。 道端で子猫がうずくまっている。道を歩いていたら野良猫に懐かれて、そのままついて来てしまった。しかし拾ってしまったものの、まずは何をすれば良いのでしょう?野良猫、特に子猫を拾った時は飼い方に注意するべき点がいくつかあるのです。 野良猫の赤ちゃんを見つけたら、「親猫はいないか」ということを確認してから保護をしましょう。子猫は餌をきちんと食べていなかったり、何らかの病気や感染症になっていたりすると生存率も下がって … 野良猫の子猫の生存率は、約50パーセントといわれています。これは、半分の確率といえども命ですので高いとは言えない数字ですね。猫は、一度に2匹から6匹の子猫を産みます。子猫の生存率はその中でも、約半分の50パーセントです。半分の野良猫の子猫は 野良猫と時々見かけると思います。 子猫だと放っておけないので、拾おうかなと考えたりしますが、目やにがあるとどうしようか考えてしまいます。 猫の目やには病気の表れなんて言葉も聞きますが、目やにには実は色々と種類があるのです。 ここでは猫の目やにについて解説します。 野良猫を見つけた時、保護したいと思う猫好きさんも多いことでしょう。ただ、野生の世界で生きてきた警戒心の強い野良猫を捕獲することは、大変な場合も多いものです。また、野良猫の子猫であれば一刻も早く保護してあげたい、という気持ちがより強くなりますよね。 野良猫の子猫をキャリーや箱に収容したそのあとで、 まずすべきことは「病院」そして「隔離」です。 病院に連れて行く. 猫カフェの行き方。 良い猫カフェの見分け方 男一人で猫カフェへ行く 猫知識 猫モテRanking 猫のリラックス度 猫カフェの猫は鳴くのか? 猫に噛まれたら 皮膚病にも色々ありまして 猫ケンカの仲裁方法 猫カフェ楽しみ方のコツ 以前、野良猫の3年生存率は25%なんていう話をしましたが、何となく続きです。見ていると、「ある場所に居られるネコの数はもしかしたら一定なのかもしれない」と思うようになりました。 野良猫の子猫の生存率は、約50パーセントといわれています。これは、半分の確率といえども命ですので高いとは言えない数字ですね。猫は、一度に2匹から6匹の子猫を産みます。子猫の生存率はその中でも、約半分の50パーセントです。半分の野良猫の子猫は