賃貸住宅の「間取り」は、人々のライフスタイルに大きく影響されます。間取りの歴史を紐解くことで、住宅と入居者のライフスタイルの関係性が見え、 今後の賃貸マーケット予想のヒント になるかもしれません。 そこで今回は、 日本の「間取りの歴史」についてご紹介 します。 3ldkの間取り、新旧比較から考える今どき家族のためのリノベーションのコツ。lifull home's pressは、住宅の最新トレンドや専門家による正しい住宅情報を発信していきます【lifull home's press/ライフル … そこで、ここでは間取りについての最近のトレンドや考え方を押さえておきましょう。 20~30年前と今では間取りの考え方が違う! 皆さんは、20~30年前の住宅と今の住宅では間取りのあり方が大きく変化していることをご存じでしょうか。 間取りchintaiでは間取り別の賃貸不動産情報が満載です!ワンルームマンションに住みたい。3ldk、4ldkなど広い部屋に引越したい―そんな希望を叶える賃貸物件をご紹介します。 間取り特集のポイント 間取り別に検索できる! リクルート住まいカンパニーの「2019年注文住宅動向・トレンド調査」の結果から、2019年の注文住宅の間取りのトレンドを紹介していきます。もう家が建ってる人は自分の家と比較してください。これから家つくりを開始する人は参考にしてください。 間取りについて、昔と今で最も大きく変わった点は「部屋数優先から空間優先へ」という考え方です。 ひと昔前の日本の住宅は、部屋数を重視する傾向があり、「我が家は1階に 室、2階に 室あるけれど、お隣はもっと部屋数が多い」というような声が聞かれることもありました。 【vol.31】賃貸住宅トレンド「一人暮らしの部屋に今、求められ… 【vol.32】今話題のシェアオフィスとは? 【vol.33】「IT重説」の導入でどう変わる? 貸す側、借り… 【vol.34】外出先からでもスマートフォンで操作。未来型賃貸住… 【vol.35】2018年トレンド予測!

ニーズに応える間取りを考える 間取りと広さに対する入居者の要求は高い 最良の空き部屋対策は、当然のようですが入居者に好まれるアパート・マンションを建てること。賃貸物件に対する入居者の要求はさまざまですが、部屋の間取りの優先順位が高いのは確実です。 住まいの「借りる」に関する情報サイト。lifull home's pressは、住まいの「本当」の情報を届け、住まいの専門家の知識・見解、住み替え体験者の体験・意見が学べます。【lifull home's press/ライフル … 賃貸住宅の市場動向②~空き家率~ 賃貸用住宅の空き家率※の全国平均は18.8%(h15年度と比較して1.2ポイント上昇) 賃貸用住宅の空き家率(h20)が最も高いのは福井県で30.8%、最も低いのは沖縄県 …