最近女性の方のライフスタイルの変化とともに、生命保険への考え方も変わってきています。その中で妻の生命保険の加入方法や必要性も考えなければなりません。今回は、そのような妻のライフスタイル別の生命保険の必要性や選択の方法について、解説したいと思います。

鎌倉藤沢密着の税理士社労士が緊急提言!医療保険は保険として機能しない構造的欠陥が内在するので、「保険の本質」から判断すると、保険としての価値を完全否定せざるを得ません。それでも敢えてお奨めする「究極の医療保険」とは?

妻に保険は必要なのか、どんな保険が必要なのかは迷うと思います。子供がいる場合は出費が大きいので、保険を検討しておく必要があります。この記事では、妻に万が一の時に検討しておきたい保険と共済についてお伝えします。

医療保険の加入を考える際には、毎月の保険料が負担に感じられ「医療保険はほんとうに必要?」と悩む人も多いのではないでしょうか。ここでは不要派の方の意見を検証しつつ、医療保険に加入するメリットや必要性について考えてみます。 公的保障だけでは不安で、妻の医療保険への加入検討されている家庭も多いと思います。医療保険では女性特有の病気等にも備えられるので、妻の加入を考えている方もいると思いますが、妻にとっての医療保険の必要性は専業主婦か共働きか、子供の有無などによっても変わってきます。 現在の位置: トップページ > よくある質問 > 保険・年金・介護・医療 > 後期高齢者医療制度 > 74歳(夫)と73歳(妻)の夫婦です。 二人とも現在盛岡市の国民健康保険に加入していますが,私(夫)が75歳になって後期高齢者医療制度に加入すると妻の医療保険はどうなるのでしょうか。 自分は医療保険に加入するべきか? そして、もし加入するならどのような医療保険を選ぶべきか? という疑問にお答えするため、病気やケガなどによる医療費負担リスクや、医療保険に加入することでそれらのリスクにどのように対応できるのかをご紹介しています。